紅白で高橋真梨子が激やせに見え病気が心配される!彼女が闘い、そして闘った病気とはなんなのであろうか?!

紅白で高橋真梨子が激やせに見え病気が心配される!彼女が闘い、そして闘った病気とはなんなのであろうか?!123

紅白を終わり、SMAPが出演しないことが話題になりましたが、「ごめんね」を歌った高橋真梨子さんの激やせ疑惑もネットで話題になっていました。

すばらしい歌唱力が注目される高橋真梨子さんですが、夫との出会いと別れ、そして闘い続けた病気という壮絶な過去を経験しているのです。

今回は「ごめんね」で紅白視聴者を感動させた、歌手の高橋真梨子さんが闘い続けた壮絶な闘病生活と病気の正体に注目してみました。

一流歌手を苦しめた病気とは何なのか??どうぞ、最後までご覧ください。


スポンサーリンク




《紅白で高橋真梨子が激やせ!?は本当か?》

紅白で高橋真梨子が激やせに見え病気が心配される!彼女が闘い、そして闘った病気とはなんなのであろうか?!2

本当のように思えます・・・

2016年の大晦日、紅白で名曲「ごめんね」を熱唱した高橋真梨子さん。

いつの時代の高橋真梨子さんと比較するか??にもよりますが、確かに激やせの噂は本当のように思えます。

こちらが、テレビに多く出演していた頃の高橋真梨子さんです。

紅白で高橋真梨子が激やせに見え病気が心配される!彼女が闘い、そして闘った病気とはなんなのであろうか?!

そして、こちらがツイッターで話題になった、紅白の高橋真梨子さん。

確かに激やせしていますね。

 

ただ、激やせ=ガンみたいな噂が広がりやすいネット社会ですが、もしかしたら本人のダイエットの成果の可能性もあるので、一概に激やせしたから病気とは言えません。

ただ、高橋真梨子さんの場合は過去に病気と闘った壮絶な過去を告白しているため、やはり激やせの原因は病気・・・というふうに思ってしまうのです。

 

歌が全ての高橋真梨子さんですが、病気が原因でコンサートを3度も急遽中止・・・ということもありました。

好きな歌さえ歌えないほど、高橋真梨子さんは自身の病気と闘うことになってしまうのです。

 

それでは、高橋真梨子さんが闘ってきた病気について、簡単にご説明したいと思います。


スポンサーリンク




《高橋真梨子 激やせの原因の病気と闘った夫婦愛》

紅白で高橋真梨子が激やせに見え病気が心配される!彼女が闘い、そして闘った病気とはなんなのであろうか?!11

病気が原因で激やせしたと思われる高橋真梨子さんですが、彼女はどのような病気と闘ってきたのでしょうか?

 

大きく分けて2つあるようです。

①1996年に発症した病気で、更年期障害によるうつ病状態

②2011年の東日本大震災で親友を亡くし、精神的ショックでうつ病を再発

という二つで、いずれも精神的な病気なのです。

 

①に関しては、年齢を重ねると起こる障害であり、その名も更年期障害。

具体的には急に体が熱くなるホットフラッシュや、腹痛に悩まされ、今までなかったような頻尿や全身が重く感じる倦怠感に悩まされ、最終的にはメンタル的にダメージを受けて、うつ病状態になってしまうことをいいます。

つまり、他の病気とは異なり、ウィルスなどによる原因ではなく、特効薬は存在しません。

 

②に関しては、そのままです。

更年期障害によるうつ病を克服した矢先、大親友を東日本大震災で失い、どん底まで精神的に苦しんだ結果、起きてしまった心の病気、うつ病の発症です。

 

芸能人の闘病生活と聞くと、ここ最近はガンのイメージが強いですが、高橋真梨子さんは自分の心とずっと闘ってきたのです。

原因が明らかに分かる病気であれば、特効薬やワクチン、予防薬や緩和薬で治療はできます。

場合によっては手術もあります。

 

しかし高橋真梨子さんが闘ってきた、いわゆる「うつ病」は心の病気であり、特効薬はありません。

あったとしても、安定剤や睡眠薬くらいなのです。

心の病気と聞くと、苦しんだことがない人には軽く聞こえるかもしれませんが、症状が重くなると死を意識するようになり、非常に危険で大変な病気なのです。

 

そんな心の病気だからこそ、高橋真梨子さんをずっと旦那さんは支えてきました。

高橋真梨子さんの病気を支えた旦那さんの夫婦愛・・・話を聞くだけで、胸が熱くなります。

 

高橋真梨子さんは旦那さんに支えられ、紅白に出場しました。

激やせが噂されていますが、大丈夫!!高橋真梨子さんには愛する旦那さんがずっと一緒にいます。

 

だから、大丈夫・・・そう信じています。

激やせ=ガンみたいな空気が芸能界やネットで常識化しているため、私達も少し敏感になりすぎているのかもしれません。

 

今は高橋真梨子さんの「ごめんね」が聞けたことを喜びたいと思います。

最後までお読みいただき、感謝します!!ありがとうございました。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る