荻上チキ LINE全文を週刊文春が特集!一夫二妻から見る、荻上チキの不倫と離婚とは!

河中あい 妹 はんにゃ川島の嫁と離婚相談か⁉旦那 袴田吉彦の浮気が公に出て、世間では離婚を推奨する声多数!

荻上チキが愛人に書いたLINE全文こそが、今回の週刊文春の主役ではないだろうか?

専業主婦の嫁を持ちながら、出版社勤務の不倫相手Aに対して「すきすきだいすき」LINEを送って離婚協議中の荻上チキ。

果たして、週刊文春が荻上チキのLINE全文を掲載することによって、彼の結婚生活はどのように変化を遂げるのであろうか?

今回は荻上チキの「一夫二妻」のスタイルにクローズアップしてみた。

 


スポンサーリンク




【荻上チキ LINE全文を週刊文春が特集!】

荻上チキ LINE全文を週刊文春が特集!一夫二妻から見る、荻上チキの不倫と離婚とは!2

LINE全文という単語と、週刊文春の凄さを痛感したのは、ベッキーと川谷の不倫LINEがきっかけだった。

そして、今回は荻上チキが出版社勤務のAさん(不倫相手)にLINEを送ったとして、同じように週刊文春が掲載し、話題になっている。


  一夫二妻状態の荻上チキ。

女性の敵を生みそうな、荻上チキのLINE全文の内容は以下の通りである。

〈すきすきだいすき〉

〈愛を創作しよう〉

〈全身全霊で恋するよ〉

〈小さなことで感情が揺さぶられるので 楽しかったりつらかったり これが恋か〉

 

・・・とまさに、ラブラブな内容。

クールな荻上チキのキャラクターとは相当なギャップさえ感じる。

 

それにしても、嫁と子供に恵まれている荻上チキが送る、愛人へのラブラブLINEの全文は、少なくても世の中の多くの女性の反感を買うことは間違いなさそうである。

 


スポンサーリンク




 

【荻上チキ 週刊文春のLINE全文で離婚も成立か?】

荻上チキ LINE全文を週刊文春が特集!一夫二妻から見る、荻上チキの不倫と離婚とは!3

一夫二妻という、女性の敵にもなりうる状態の荻上チキ。

ここまでの経緯を簡単に説明しよう。

 

大学時代に出会った彼女と見事結婚。

二人の子供にも恵まれて、まさに幸せのはずだった・・・荻上チキ。

 

しかし、彼は私的な勉強会で出版社勤務のOLのAと知り合い、大人に関係になる。

恋愛感情が芽生えた二人は、荻上チキが結婚してもお構いなしで、2015年の夏には完全なる不倫関係が成立する。

 

荻上チキは嫁と別居し、なんと嫁がいる自宅から1分のところに、愛人Aと同棲しているという、まさに理解外の生活をしている。

 

現在は、離婚協議に入ったものの、子供と離れることができない・・・という理由から、嫁との関係修復を目指していると言われているが、嫁も『はい、そうですか』と簡単に修復するとも思えない。

 

果たして、荻上チキは嫁と離婚して、不倫相手Aと再婚するのであろうか?

それとも、2頭を追うものは・・・の原則で、二人とも失ってしまうのか?

 

どちらにせよ、不貞行為が判明している荻上チキに、何かしらの慰謝料が生じると思われ、個人的にはその金額も気になるところである。

今後の荻上チキの動向から目が離せない。

 


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る