高畑裕太 発達障害 アスペルガーが金スマ出演で疑惑浮上!特徴を整理し、彼の発達障害の症状と照らし合わせる!発達障害だった場合、彼の無罪は成り立つのであろうか!?

だいたひかる 逮捕の過去と現在の乳がん!逮捕の容疑と乳がんによる余命で、注目度が急上昇!

高畑裕太に発達障害 アスペルガーの噂が浮上しており、その特徴が金スマ出演時に現れたと言われ、話題になっている。

発達障害 アスペルガーの特徴とはどのようなものなのか?

そして、金スマで高畑裕太が見せた発達障害とアスペルガーの兆候とはどのようなものなのか?

今回は、高畑裕太の判決に考慮されると噂されている、発達障害とアスペルガーについてクローズアップしてみた。

【高畑裕太に浮上する発達障害のアスペルガーの噂・・・一体何なのか?】

 

発達障害・・・という言葉を、聞いたことがあるかもしれない。

有名人でも発達障害を持つことを自らカミングアウトしている人もいる。

 

ここで詳細は省くが、広い意味での発達障害を告白した有名人には・・・

トムクルーズ、黒柳徹子、スピルバーグ、ビルゲイツ、セカオワの深瀬など、知らない人がいないほどの天才たちが名を連ねる。

つまり、発達障害は、障害と言っても天才の裏返しでもあったりする。

 

なお、高畑裕太が噂されているアスペルガー症候群は広汎性発達障害の一つに該当し、その他にも学習障害や、注意欠陥・多動性障害などがあるが、これを説明すると相当な文章量になるので、ここでは分かりやすい図を引用させていただくことにする。

 

高畑裕太 発達障害 アスペルガーが金スマ出演で疑惑浮上!特徴を整理し、彼の発達障害の症状と照らし合わせる!発達障害だった場合、彼の無罪は成り立つのであろうか!?

《引用元》 りたりこ発達ナビ  https://h-navi.jp/column/article/167

 

この図で、大まかな概要はお分かりいただけたのではないだろうか?

高畑裕太が金スマで特徴を現したと言われるのが、上記の図で赤く囲まれている、発達障害の中の一つである広汎性発達障害に含まれるアスペルガー症候群なのである。

 

高畑裕太に噂される、発達障害のアスペルガー症候群にはどのような特徴があるのであろうか?

次に、発達障害とアスペルガー症候群の特徴を整理してみたいと思う。

 


スポンサーリンク




 

【高畑裕太に疑惑が浮上する、発達障害とアスペルガー症候群の特徴とは?】

 

金スマで特徴が現れたと言われる高畑裕太の発達障害疑惑。

ネットの反応を見ると、どうやら高畑裕太に浮上している疑惑は、広汎性発達障害のアスペルガー症候群と、注意欠陥・多動性障害の症状のようである。

 


それではここで、ADHDと言われる注意欠陥・多動性障害と、アスペルガー症候群の特徴についてご覧いただこう!!

高畑裕太のテレビをご覧になられたことがある方なら、思い当たる節があるかもしれない。

【注意欠陥・多動性障害(ADHD)】

◆不注意・・・長時間集中することができず、忘れ物が多い。

◆多動性・・・落ち着きがなく、じっとすることができない。

◆衝動性・・・感情を抑えることができず、思いついたことを行動してしまう。怒ると乱暴になり、手を出してしまうことが多い。

 

【アスペルガー症候群】

 

◆コミュニケーション・・・普通に会話はできるものの、相手の発言の深い意味を読むことを苦手とし、相手の言葉を勘違いして受け取ってしまうことが多い。
また、適度な距離でのコミュニケーションが苦手とされている。

◆対人関係・・・コミュニケーションと同様なのですが、場の空気を読めず、相手の気持ちを理解することができない。

◆特定の物事に対する興味・・・あることに、1度興味を示すと、過剰なほどの執着心をみせる

 

・・・つまり、発達障害は一見、それを見分けることができない。

何気ない瞬間に、特徴を見せるのである。

 

高畑裕太には、本当にそのような兆候があるのであろうか?

次に、高畑裕太が金スマ出演時に見せた特徴と、上記のアスペルガー症候群の特徴を照らし合わせてみた。

 


スポンサーリンク




 

 

【高畑裕太が金スマ出演時に見せた発達障害、アスペルガーの特徴!】

 

最近では、数多くの番組に出演していた高畑裕太。

最初に、彼に発達障害が噂されたのは、金スマの「裕太がいた夏」という企画内であった。

 

その企画とは、母で女優の高畑淳子が、息子のことを中居正広に相談したことから始まった企画である。

内容は、芸能界に入ったばかりの息子 高畑裕太がこれから生きていけるか?が心配になったため、1ヶ月便利屋として住み込みで働いて、人として成長してもらおう!!・・・というもの。

涙あり、感動ありの企画のはずが、なぜか高畑裕太の予想外の反応を見せることになってしまったのである。

 

それでは、先述した広汎性発達障害のアスペルガー症候群と、注意欠陥・多動性障害の症状と高畑裕太が見せた、意外な行動を照らし合わせてみよう!!

 

◆バイトなのに、申し込み時に履歴書を持ってきていなかった。
⇒発達障害だったせいか、相当甘やかされていた。

◆お米を研げと言われても、お米が研げない。
⇒発達障害だったせいか、相当甘やかされていた。
◆缶切りで缶を開けたことがなく、それすらできない。

⇒発達障害だったせいか、相当甘やかされていた。
◆トイレで紙やすりを使って掃除をしていたが、なんとトイレに流してしまう。
注意欠陥・多動性障害(ADHD)の不注意

◆商店街で清掃中にアルコールのふたをなくしてしまう。
注意欠陥・多動性障害(ADHD)の不注意

 

◆毎朝の日課は水中メガネを付けてお風呂に入ること
⇒アスペルガー症候群の特定の物事に対する興味
◆小学校登校時にゴミ捨てを頼んだら、ランドセルを忘れてゴミだけ持って出て行っていた。
注意欠陥・多動性障害(ADHD)の不注意
◆学校の帰り道に子猫に出会い、猫に興味に示した高畑裕太は、なんと練馬から埼玉まで15kmも歩いていた。
⇒アスペルガー症候群の特定の物事に対する興味
◆雨が降っていたため、親方の遺品・・・という大切な傘を持ち出した高畑裕太。しかし、傘を忘れたにも関わらず、失くした場所に取りに行こうとしなかった。
⇒アスペルガー症候群の対人関係(相手の気持ちを理解できない)

 

 

・・・などなどであり、実は他にもあるが、数が多いため省略させていただいた。

これほど、状況証拠が揃えば、高畑裕太の発達障害の疑惑が濃厚になる。

 

天才との裏返しと言われる発達障害・・・。

実はここで、先述したADHDの衝動性をもう一度ご覧いただきたい・・・

 

◆衝動性・・・感情を抑えることができず、思いついたことを行動してしまう。怒ると乱暴になり、手を出してしまうことが多い。

 

⇒これは、40代女性に襲い掛かった、気持ちを抑えきれなかった・・・ことにつながるのではないだろうか?

 

一つのこと、橋本マナミに執着していた高畑裕太・・・。

そのことが全面的に否定され、打ちのめされたことによって、今回の衝動を起こしてしまったのであろうか?

 

仮に、高畑裕太が重度の発達障害だった場合、彼に下る判決が変わる可能性があると言われている。

果たして、高畑裕太に下るのは実刑か?それとも、執行猶予付きか?

 

発達障害とアスペルガー症候群の特徴を見せた高畑裕太。

今後も彼の事件に注目していきたいと思う。


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る