高畑裕太 被害女性 吉田恵子が読者モデル時代の画像の検索が急増!また関係のない女性の画像が掲載されることが起きてしまうのか?

高畑裕太 被害女性 吉田恵子が読者モデル時代の画像の検索が急増!また関係のない女性の画像が掲載されることが起きてしまうのか?

高畑裕太さんの被害女性として、吉田恵子という名前が浮上しています。
これは44歳の読者モデル経験者長身で美人!彼女こそが週刊文春で報道された、あの高畑裕太さん事件の被害女性を意味しており、当然仮名!!本名ではありません。

しかし、高畑裕太さんの被害女性 吉田恵子さんの本名や顔の写真はないか??とネット検索が日に日に増加しているのです。

それは週刊文春が報じた、高畑裕太さん事件の真相とミヤネ屋が報じた番組内容に理由がありました。
終わったはずの高畑裕太さん事件・・・関係者であれば、誰もが忘れた一件・・・しかしまだ注目されているのです。

 《高畑裕太 被害女性 吉田恵子は本当に読者モデル経験の44歳人妻なのか?》

高畑裕太 被害女性 吉田恵子が読者モデル時代の画像の検索が急増!また関係のない女性の画像が掲載されることが起きてしまうのか?22

イトルが何かのビデオみたいになってしまいましたが、これこそが週刊文春が報じた高畑裕太さん事件の被害女性のプロフィールです。

当然、吉田恵子は仮名であり本名ではありません。

本来であれば、怖いもの見たさで画像検索は多いと予想されますが、今回の被害女性 吉田恵子の場合は本名の検索も後を絶ちません。
ネット検索している人たちの感情は、被害女性に対して「可愛そう」・・・という気持ちより『許せない!』気持ちによるもののようです。

 

《重要!!》
最初に結論を書かせていただきますが、吉田恵子の本名や顔画像を持っているのは警察関係者や週刊文春の記者くらいではないでしょうか?
私もネットなど、可能な限り検索してみましたが、高畑裕太さんの被害女性 吉田恵子の本名はおろか、顔画像などは一切発見できませんでした。
ここからは、週刊誌やネットの情報を掲載させていただきますが、て事実というわけではありません。
今もなお検索されていることをまとめているだけです。

事実と決まったわけではないことを、あらかじめご理解いただいた上で、読み進めていただくよう、お願いいたします。

 

では・・・話を続けます。
なぜ被害女性にも関わらず、検索するネットユーザーが激増しているのでしょうか?

それはハニートラップと噂されたように、結局のところ高畑裕太さんがハニートラップを仕掛けられた・・・と捉えるユーザーが激増しているためです。
その理由は、おそらく週刊文春が掲載した内容に関係しているようです。

それでは、週刊文春が報じた高畑裕太さんの被害女性 吉田恵子の詳細を箇条書きでまとめさせていただきます。

★雑誌の読者モデルをしたことがある、茶髪美人

44歳であることから、1972年(昭和47年)生まれが予想される。

★旦那と子供がおり、44歳の年齢からして、子供は大学生か社会人で独立している可能性も高い

★知人男性(44歳の暴力団員)とは愛人関係

★身長は165センチくらいで細身

★髪形は茶髪を後ろでひとつにまとめていた(仕事中のため)

★雰囲気は高畑裕太さんが大好きな橋本マナミさんというより、あびる優さんに近い。

・・・という感じでしょうか?

 

世の中の44歳女性は大きく二つに分かれます。

子育てが一段落し、女性として自分を磨き始める女性と、自分自身の美化や成長から遠のく人です。
少なくても、高畑裕太さんの被害女性 吉田恵子は女性を前面に出している魅力的な人だったのでしょう。
余談ですが、それほど魅力的な女性であれば、一度会ってみたい・・・とも思ってしまいますね。

 

週刊文春は、どのように高畑裕太さん事件が起こったと記載しているのでしょうか?
とはいっても、週刊文春の全文を掲載するわけにはいかず、大変な文章量となるため、時系列で箇条書きにまとめさせていただきます。

それによって、大体の流れはご理解いただけると思いますので、最後までお読みいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク




《高畑裕太 被害女性 吉田恵子の本名や画像が検索されるのはなぜ?》

高畑裕太 被害女性 吉田恵子が読者モデル時代の画像の検索が急増!また関係のない女性の画像が掲載されることが起きてしまうのか?33

以下が週刊文春が報じた、高畑裕太さん事件の全貌です。
 (週刊誌の内容であり、捜査機関が発表した事実ではありません!)

 

①ホテルのフロントで吉田恵子から周辺地図を受け取った高畑裕太さんは、スタッフらと共に前橋の街に食事に行った。

②一軒目の「I」という居酒屋に人店し、次に「Y」というショットパーへ行った。

③かなり酔った高畑裕太さんはホテルのフロントへ戻る。

④酔っていることを笑顔で会話する二人。その後、イケルと思った高畑裕太さんは「ねー、残念ですね。これから部屋に来ませんか」と吉田恵子を部屋に誘う。

⑤最初は断るものの、「歯ブラシが欲しいんじゃなくて、部屋に来て欲しいんです!」という高畑裕太さんの口説きに負けて、吉田恵子はフロントにメモを残し、一緒にエレベーターへ。

⑥エレベーターでキスをする高畑裕太さん。拒否をすると思った吉田恵子はその予想を裏切る行為に出た。

⑦そして行為(行為の詳細は省略させていただきます)

⑧44歳で旦那、子持ちであることを告白した吉田恵子

⑨行為が終わり、彼女は外へ出て、高畑裕太さんはそのまま就寝。

⑩吉田恵子は知人男性(44歳の暴力団員で愛人)に連絡

⑪高畑裕太さんとの行為に愛人の知人男性は激怒

⑫知人男性は夜中にも関わらず、大声で怒鳴り込んできた。彼の発言は以下の通りです。

「てめーふざけんなよ! 何してくれるんだ! 高畑はこれから売り出し中で大事な時期だろ。ふざけんなよ! 情報が出たら大変なことになるよ」

「強姦致傷だと示談で五百万円はかかるぞ。(被害者は)これから働けなくなるし、精神的なダメージもある。わかってんのか! これが世に出たら本人も映画も大変なことになるだろ。とにかく母親の高畑淳子を今から呼べ!」

「俺の友達が三人でレイプ事件を起こしたときは、計一千万円かかった。今回も同じくらいかかるよ。高畑の俳優人生を買い取るつもりで考えてくれ。示談すれば刑期が短くなるのだから、その分を買うつもりでやってくれ。今後、彼女は働けなべなるのでその分も補償が必要だ。慰謝料も加味すべきだし、心身のケアも必要だからな」

⑬知人男性が大声で暴れ始めると、吉田恵子は責任を感じたのか?『こんな大事になってしまってすいません。彼氏に話をしたら怒ってしまって』と関係者にお詫びとしていたそうです。

・・・いかがだったでしょうか?

他にも知人男性に対して、高畑裕太さんの関係者が土下座をして謝罪するも彼は金を要求してきたこと、警察関係者からも『もとヤクザだから』とアドバイスをされたことなどがありますが、ここでは省略させていただいています。

私も週刊文春は読みますが、確かにストーリーができすぎている気がします・・・。
果たして本当なのでしょうか?

スポンサーリンク





仮に・・・仮に!!週刊文春が書いた内容が事実だった場合、これでは話が違うのでは??と思う人も多いと思います。に

日本の法律で、この手の事件が起きた場合、被害女性が『無理にされた』と証言すれば完全に高畑裕太さんに罪があることになります・・・。
ですが、被害女性は同意のもとだったと捜査関係者には話していたとのことなので、そうなると話は違ってきます.

あれから時間が経ち、週刊文春が高畑裕太さんのことを書くことはなくなりました。
しかし、母親の高畑淳子さんが芸能活動を復帰したことで、自然と検索が増えているようです。

最後に私の気持ちを書かせていただきたいのですが、高畑裕太さんのことでは多くの人が苦しみ、涙を流しました。
高畑裕太さん本人も、高畑淳子さんも、そして被害女性の方もです。

白黒はっきりさせたい気持ちは分かりますが、苦しんだ人のためにも、この事件を忘れることが一番なのではないでしょうか?
この一件で関係することによって、苦しんだ人たちが、平穏な日々を送れますように・・・。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


 

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る