鳥越俊太郎 がんに勝った漢方薬と処方した病院を解説!免疫機能の活性化で鳥越俊太郎のようにがんに打ち勝とう!

清原和博 現在 11月に足切断の噂浮上!114番と呼ばれた彼が今も持つ青いハンカチが示す意味とは⁉2223

鳥越俊太郎が都知事選に出馬する意向を表し、同時に4度の手術を行ったがんが注目されている。

ステージⅣのがんを克服した鳥越俊太郎が取り組んだのは、病院から処方してもらった漢方薬と生活の改善だった。

今回は、ステージⅣにがんに見事に打ち勝った生き証人、鳥越俊太郎が服用し続け、がんに勝った漢方薬と処方した病院について、クローズアップしてみた。

これで、がんに対する新しい常識が生まれるかもしれない。

【鳥越俊太郎のがんはステージⅣ】

鳥越俊太郎 がんに勝った漢方薬と処方した病院を解説!免疫機能の活性化で鳥越俊太郎のようにがんに打ち勝とう!2

今回は、鳥越俊太郎が、がんに打ち勝ったのは漢方薬と生活改善・・・というテーマだが、そもそも鳥越俊太郎がどんな「がん」と闘ってきたのかを知らなければ、凄さは伝わらないであろう。

ということで、ここで鳥越俊太郎が闘病し続けてきた「がん」について、時系列で解説を用意した。

 

2005年夏、ビールがまずくなり、血便が始まる。左下腹部の重たさを感じ、下痢や便秘の症状が続いた。

病院で検査した結果、肛門から25センチのくらいのところに、3センチ大の腫瘍があり、進行直腸がんを告知される。

このときの、ステージは周りの臓器への転移がないことから、ステージⅡだったと思われる。

 

2年後の2007年に、直腸がんは肺への転移し、再発が指摘された。

その際、虎の門病院の担当医の河野匡医師から、進行直腸がんのステージがII期からIV期へ訂正された。

このとき、5年後の生存率は70%から、10%へと激減!

同じ年に2回の胸腔鏡下手術を受ける。

 

直腸がんは肺へ転移し、それでは終わらず、なんと肝臓への転移も見受けられた。

肝臓への転移でがんの再発が発見され、2009年には開腹手術を受ける。

しかしこれで完全にがんが消えたわけではなく、11年には喉と食道にがんと疑わしい新たな病変が指摘されている。

 

・・・という感じで、5年後の生存率10%と言われながら、見事に鳥越俊太郎はがんと闘ってきたのである。


スポンサーリンク




 

【鳥越俊太郎 がんに勝った漢方薬と処方した病院】

鳥越俊太郎 がんに勝った漢方薬と処方した病院を解説!免疫機能の活性化で鳥越俊太郎のようにがんに打ち勝とう!35

 

まず、鳥越俊太郎が自身のがんと闘った病院・・・それは虎の門病院である。

直腸がんの手術、肺がんの手術2回、肝臓がんの手術と4回の手術を行っている鳥越俊太郎だが、病院はすべて虎の門病院を選択している。

 

実際に、鳥越俊太郎は自身の講演会でも・・・

『難局を乗り越えたのは虎の門病院の専門医による手術が適切であったから』と絶賛している。

 

病気には名医・・・という方程式は絶対なのであろう!!

 

さて、次に鳥越俊太郎が自身のがんと闘う際に漢方薬を服用していたことを忘れてはいけない。

がん=抗がん剤というイメージだが、鳥越俊太郎は抗がん剤だけでは、がんに勝てないと判断!

 

そこで、虎の門病院で漢方薬を処方してもらっていたのである。

鳥越俊太郎が漢方薬を重視したのは、がんには免疫力を高めることが一番と考えたためである。

体質ごと改善して病気を予防するという東洋医学の漢方で、鳥越俊太郎はがんに打ち勝ったのである。


スポンサーリンク




 

【鳥越俊太郎 がんと闘った漢方薬の種類は?】

鳥越俊太郎 がんに勝った漢方薬と処方した病院を解説!免疫機能の活性化で鳥越俊太郎のようにがんに打ち勝とう!3

これに関しては鳥越俊太郎がコメントした内容ではないので、個人的な予想も含まれる。

 

鳥越俊太郎が、自身のがんと闘うために、免疫力向上のために漢方薬を服用したことは先述した。

数多い漢方薬の中でも、保険が適用になり、免疫力向上が期待できる漢方薬は以下の通りなので、鳥越俊太郎もおそらくこの中の薬を服用したのではないだろうか??

 

•十全大補湯
•人参養栄湯
•小柴胡湯
•人参養栄湯
•補中益気湯
•大建中湯
•柴苓湯
•桂枝茯苓丸

 

・・・という漢方薬である。

さすがは漢方!字すら読めない状態だが、手術後の免疫力低下の際に服用し、免疫力を向上するためにも効果が見込まれるらしい。

味は苦そうだが、漢方薬への注目は今後も上がっていくことであろう・・・。


スポンサーリンク




【鳥越俊太郎 がんに勝った漢方薬と病院で、今後のがん患者の希望になるか?】

鳥越俊太郎 がんに勝った漢方薬と処方した病院を解説!免疫機能の活性化で鳥越俊太郎のようにがんに打ち勝とう!36

世の中には、がんで苦しんでいる人が非常に多い。

今回、ステージⅣを宣告され、5年後の余命も10%という絶望的な状態から、見事にがんに打ち勝った鳥越俊太郎にクローズアップしてみた。

虎の門病院はがんの名医がそろっており、漢方薬で免疫力をアップすることが、がんと闘う際に効果的であることはご理解いただけたのではないだろうか?

 

世の中で一番「がん」の闘病で注目されているのは、小林麻央だと思うが、小林麻央の場合は、抗がん剤による副作用ばかりが注目されている。

小林麻央の病状や治療方法は公表されておらず、謎に包まれているが、ぜひ漢方薬を服用してみてはいかがであろうか?

 

今回、鳥越俊太郎が発表したがんとの闘いは、今後の多くのがん患者の勇気と治療の参考になるはずである。

いつの日か、医療が進化して、どんながんでも完治する時代が来ることを楽しみにしている・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る