黒沢健一 びっくりはファンだけでなく、脳腫瘍による若すぎる死は多くの人をびっくりさせていた!

黒沢健一 びっくりはファンだけでなく、脳腫瘍による若すぎる死は多くの人をびっくりさせていた!

黒沢健一さんが死去し、死因は脳腫瘍でした。
びっくりしたファン・・・しかし、彼の若すぎる死は日本全国の人がびっくりしたのです。

ファンのみならず、多くの人が驚きを隠せない黒沢健一さんの死、今回は彼が闘った脳腫瘍の恐ろしさにクローズアップしてみました。

◆黒沢健一 びっくりしたファン!それは新曲ではなかった。

黒沢健一 びっくりはファンだけでなく、脳腫瘍による若すぎる死は多くの人をびっくりさせていた!3

L⇔Rの「Knockin’ on your door」がヒットしたとき、まさにバンドブームで、ミスチルと比べられたのを良く覚えています。
当時は今以上のカラオケブームで、各部屋からはいつも「Knockin’ on your door」が聞こえてきたものでした。

黒沢健一さんはボーカルとして、甘い声で多くの女性ファンに支持されていました。
しかし、そんなファンが驚いたのは彼の新曲ではなく、早すぎる死だったのです。

2015年10月のライブリハーサル中にめまいを感じ病院へ・・・
そこで診断されたのは、脳腫瘍でした。
脳腫瘍とは、脳のがん・・・。

その後、ステージに立つ夢を諦めずにリハビリと治療を頑張ってき黒沢健一さん・・・
しかし、その願いは悲しい結果に変わってしまったのです。

脳腫瘍とはどれほど恐ろしい病気なのでしょうか?
次に、黒沢健一さんを48歳という若さで天国へと導いてしまった脳腫瘍についてまとめてみました。


スポンサーリンク





 

◆黒沢健一 びっくりした脳腫瘍による他界・・・

黒沢健一 びっくりはファンだけでなく、脳腫瘍による若すぎる死は多くの人をびっくりさせていた!2

黒沢健一さんが脳腫瘍で死去したのは先述したとおりですが、そもそも脳腫瘍とはどのような病気なのでしょうか?

脳腫瘍はその名のとおり、脳に腫瘍があるため、脳のがんと言われています。
脳腫瘍には良性と悪性があり、どちらに該当するかによって、かなり予後が異なります。

ちなみに、脳腫瘍の場合は腫瘍ができる場所によって異なるといわれており、比較的予後が良好と言われている良性の脳腫瘍は髄膜腫・下垂体腺腫・神経鞘腫にできる腫瘍と言われています。

しかし、逆に悪性腫瘍は膠芽腫・髄芽腫・転移性脳腫瘍などに多いといわれており、それによって余命も大きく異なるのです。

がん=余命というイメージが強いと思いますが、5年後の生存率は腫瘍の場所によって異なります!!

ちなみに、5年後の生存率が一番高いのは下垂体腺腫で96%、反対に一番生存率が低いは膠芽腫 約6%です。

 

黒沢健一さんの場合、2015年10月に脳腫瘍が発覚してから、わずか1年少しで亡くなっているのです。
彼の脳腫瘍の場所は明らかにはなっていませんが、発覚から死去の時間があまりにも短いことを考慮すると、もしかしたら膠芽腫なのかもしれません・・・。

 

黒沢健一さんの名曲がもう聞けないと考えると、とても残念です・・・。
心からご冥福をお祈り申し上げます。


スポンサーリンク





スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る