2062年から来た未来人 地震の予言が茨城地震と一致!茨城地震の5月17日が南海トラフの始まりと言いたかったのか!?

2062年から来た未来人の地震に関する発言。
5月17日に現れると言った意味深な一言と、茨城地震が一致し、全国でどよめきと不安の声が上がっている。
果たして、2062年から来た未来人の言う地震と茨城地震は同じものである、これはイコール南海トラフ地震につながるとでもいうのであろうか?

 

今回のテーマは2062年から来た未来人が地震について書いている5月17日と茨城地震震度5弱の関連性について、考えてみた。


スポンサーリンク




【2062年から来た未来人とは何者か?】

 

2062年から来た未来人 地震の予言が茨城地震と一致!茨城地震の5月17日が南海トラフの始まりと言いたかったのか! (1)

まずはタイトルからして『え?未来人?』と思われた方も多いと思うが、そもそも2062年から来た未来人とは、よく映画でも出てくるエリア51があると言われている、ネバタ研究所からタイムマシーンにのって7人で来た未来の人間の一人といわれている。
・・・というか、自称だが・・・。

 

そもそも、2062年から来た未来人という名前自体がすべて自称なのだが、以前に2ちゃんねるオカルト板の質疑応答で日本人男性であることが判明していたらしい。

 

しかし!!である。
2062年から来た未来人というインパクトのある名前を出したところで、世間が注目することなどなく、せいぜい2chの世界で話題になるくらいであろう。

だが2062年から来た未来人は全国的に有名になりつつある。
それは、2062年から来た未来人が発言したこのコメントであった。

 

「山に登れ?」「海面上昇でもあるのかな?」
「とんでもない規模の津波が来るのかな?」

しかし、そんなことは誰も気にせず、そして誰も注目などしていなかった。
しかし・・・、4ヶ月後の2011年3月11日。
日本人が忘れることができない、東日本大震災が発生している。

 

作り話ではないか?と話題になった2062年から来た未来人。
正直、私もそう思っていた。
しかし、世間は更に驚くべき事態に遭遇する。

 

それは、2062年から来た未来人が予言した4月15日・・・。
地震を予言した「彼」の発言どおり、熊本地震の本震が起こってしまった。
偶然にしては、あまりにも当たりすぎている・・・。

 

これで2062年から来た未来人は全国的にも話題になり、一気に有名人になったのである。

 

 

【2062年から来た未来人 地震に関する発言5月17日と茨城地震の関連性は?】

 

これが一番気になるところである。

 

熊本地震が与えた地震の数の多さに世間は驚き、恐怖した。
しかし、時間が経つとともに人々は忘れる生き物・・・。
熊本地震の報道時間も減りつつあり、国民が地震に関する意識が弱まってきた、そんな矢先の出来事であった。

『今日だよね、2062年から来た未来人の予言日』

職場の同僚から言われたのが、15時30分くらい。
正直、私は笑っていた・・・、茨城地震がヤフーニュースで流れるまでは・・・。

 

2062年から来た未来人が5月17日に登場するといった予告。
彼の登場はイコール地震を意味すると言われている。
そして、2062年から来た未来人が一番言っているのが南海トラフ地震の警告であった。
南海トラフ地震の恐ろしさは想像を絶する。
震度を加えた図を引用させていただくが、これを読むと夜も眠れない・・・。

 

2062年から来た未来人 地震の予言が茨城地震と一致!茨城地震の5月17日が南海トラフの始まりと言いたかったのか! (3)

いかがであろうか?

2062年から来た未来人が予言する南海トラフ地震。
上図を見ると、茨城も重なっているように思えるのだが・・・。


スポンサーリンク




 

【2062年から来た未来人の地震の対する世間の声】

 

2062年から来た未来人の地震に関する予言を信じる人もいれば、正直バカにする人もいるであろう。
しかし、あまりにも日付と地震が一致しているため、動揺するネットの声も多い。
ここでは、ネットユーザーの貴重な声を引用させていただきたいと思う。

 

地震は本当に怖い・・・。
台風はある程度予想できるし、シェルターでもあれば防げる(当然ないが・・・)
しかし、地震の場合は宙に浮いている以外は完全に防ぐことはできない。

 

2062年から来た未来人の地震に関する発言と5月17日という日付。
そして茨城地震と南海トラフ・・・、果たして恐怖の方程式はつながってしまうのであろうか?
それとも、単なる幻想か・・・。

 

今後の茨城地震の動向から目が離せない・・・。


スポンサーリンク




 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る