24時間テレビ マラソン 発表!2016年は林家たい平に決定!林家こん平の思いを胸に走るマラソンに感動の予感!

24時間テレビ マラソン 発表!2016年は林家たい平に決定!林家こん平の思いを胸に走るマラソンに感動の予感!

24時間テレビのマラソンの発表は、毎年恒例となっており、昨年2015年はDAIGOのプロポーズが注目されるなど、常に感動を与えている。

そして、今年2016年のマラソンも走る人間が発表され、24時間テレビ2016のマラソン走者は林家たい平と発表された。
今回は、24時間テレビ2016のマラソン走者として発表された林家たい平の「走る意味」にクローズアップしてみた。

カッコイイ大人の男性の魅力を、是非ご覧いただきたい!

【24時間テレビ マラソン走者発表!2016年は林家たい平】

24時間テレビ マラソン 発表!2016年は林家たい平に決定!林家こん平の思いを胸に走るマラソンに感動の予感! (2)

毎年見るたびに新たな感動を呼んでいる24時間テレビ。
私が子供の頃から続く長座番組で、24時間走り続けるマラソンが番組の看板となっている。

 

歴代のマラソン選手にはDAIGO、城島茂、大島美幸、佐々木健介、徳光和夫、はるな愛・・・あたりが記憶に新しいと思う。
佐々木健介が走ったとき、嫁の北斗晶の乳がんは発見されていないが、仮に乳がん発覚後に走っていれば、更に多くの感動を呼んだと思われる。

 

24時間テレビのマラソンのコンセプトは絆、感動、涙である・・・。
今回、24時間テレビ2016年のマラソン走者は林家たい平と発表された。

 

そこには、師匠であり、難病の多発性硬化症を闘病中の林家こん平との誓いがある。
難病と闘う師匠、それを体を張って応援する弟子・・・、24時間テレビ2016のマラソンはそんなところに感動が控えているように思えて仕方ない。


スポンサーリンク





 

【24時間テレビ 2016のマラソンを引き受けた林家たい平の理由とは?】

24時間テレビ マラソン 発表!2016年は林家たい平に決定!林家こん平の思いを胸に走るマラソンに感動の予感! (3)

24時間走りますか?と聞かれて、はい!と即決できる人はほとんどいないであろう。
それは芸能人でも同じで、最高の宣伝になるといっても、簡単には引き受けないはずである。

 

そんな中、歴代4番目の高年齢の林家たい平がマラソン走者を引き受けた。
今年51歳の林家たい平。
決して、マラソンに適しているとは、お世辞でもいえないが、そんな彼が24時間テレビのマラソン走者を引き受けた理由があった。

 

それは、師匠林家こん平の存在である。
先述したが、林家たい平の師匠、林家こん平は体を動かすことが困難となる、多発性硬化症を発病し、2004年以降辛い闘病生活を送っている。

 

現在、林家こん平は73歳。
言い方は悪いが、歌丸師匠も引退したのだから、林家こん平も勇退してもいいとさえ思ってしまう。

 

しかし、林家こん平は2016年の年内に復帰宣言をしている。
それを聞いた、弟子の林家たい平は、ハートに火がつきマラソンを引き受けたと言われている。

 

ちなみに、本人のコメントは・・・

「50年というきっかけの中に今自分がいる意味、師匠をこん平にした僕の意味、師匠が倒れてしまった意味、歌丸師匠が勇退なさる意味、(引き受けるのは)すごく怖かったですけど最終的にその全てが背中を押してくれた」

とマラソンを引き受けた際の心境を話している。

 

個人的には、林家たい平のマラソンを楽しみにしている。
普段は笑いを提供している人間が、今度は感動と涙を与えるのである。
林家たい平の24時間マラソンに、新たな可能性を感じてしまうのである。


スポンサーリンク





 

【24時間テレビ 2016マラソンで発表された、林家たい平に対する世間の反応】

24時間テレビ マラソン 発表!2016年は林家たい平に決定!林家こん平の思いを胸に走るマラソンに感動の予感! (4)

毎年、多くの人の感動を誘う24時間テレビのマラソン走者。
今年、2016は林家たい平と発表され、早くもネットでは話題になっている。

 

ネットで、そのことに関するツイートを引用させていただくと・・・

今年の24時間テレビのチャリティランナー、林家たい平師匠。発表時から涙💧、思いがあるんだろう。頑張って👊😆🎵

— KAKA_kanagawa (@kaka_mino) 2016年5月29日

・・・と、早くも応援の声と注目が集まっている。

 

闘病でも諦めずに復帰を目指す師匠、林家こん平。
そして、走って共に闘おうと頑張る林家たい平。

 

今回の24時間テレビ2016のマラソンの感動は、弟子と師匠の絆ではないだろうか?
ゴール地点で、車椅子で林家たい平を待っている林家こん平。
なんとなく、それをイメージするだけで涙があふれそうである。

 

これから、林家たい平のトレーニングが始まであろう。
24時間テレビ当日まで、林家たい平を応援したいと思う!


スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る